y.sugawara

y.sugawara

フォロー

0 人にフォローされています

スポーツを通じて恩返しをすることこそが、自分の使命―立花陽三(楽天野球団/楽天ヴィッセル神戸 代表取締役)後編

スポーツを通じて恩返しをすることこそが、自分の使命―立花陽三(楽天野球団/楽天ヴィッセル神戸 代表取締役)後編

時代が注目するキーパーソンに、ポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。今回のゲスト、立花陽三さんは、『東北楽天ゴールデンイーグルス』と『ヴィッセル神戸』という二つのチームの社長を兼任。野球もサッカーも試合があればできる限りスタジアムへ足を運び、選手たちに直接声をかけ、ファンからの様々な生の声に耳を傾ける。球場外の仕事といえば最近は、アンドレス・イニエスタ選手のヴィッセル神戸加入が記憶に新しいが、外国人選手の獲得交渉に加え、ミーティングや会食、細かな社内業務もこなしているため、シーズン中の休日はほぼ皆無。そんな多忙を極める立花さんにとって何よりの原動力は、チームの勝利。このインタビューを通じて、両チームへの100%の愛情と熱量に触れることができました。
y.sugawara | 2,392 view
不安の先にあるビッグチャンスをものにする―立花陽三(楽天野球団/楽天ヴィッセル神戸 代表取締役)前編

不安の先にあるビッグチャンスをものにする―立花陽三(楽天野球団/楽天ヴィッセル神戸 代表取締役)前編

時代が注目するキーパーソンに、ポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。今回のゲスト、立花陽三さんは、『東北楽天ゴールデンイーグルス』と『ヴィッセル神戸』という二つのチームの社長を兼任。野球もサッカーも試合があればできる限りスタジアムへ足を運び、選手たちに直接声をかけ、ファンからの様々な生の声に耳を傾ける。球場外の仕事といえば最近は、アンドレス・イニエスタ選手のヴィッセル神戸加入が記憶に新しいが、外国人選手の獲得交渉に加え、ミーティングや会食、細かな社内業務もこなしているため、シーズン中の休日はほぼ皆無。そんな多忙を極める立花さんにとって何よりの原動力は、チームの勝利。このインタビューを通じて、両チームへの100%の愛情と熱量に触れることができました。
y.sugawara | 1,856 view
【WOMEN】時代を超えた女性の象徴、“刺繍”と“レース”を纏うこと

【WOMEN】時代を超えた女性の象徴、“刺繍”と“レース”を纏うこと

洋服から漂う“女性らしさ”が時に勇気や自信を与えてくれることもあります。時代を超えてその象徴となっている意匠として“刺繍”と“レース”は欠かすことはできません。今回の「FOCUS ITEM」では、こだわりの刺繍カットワークを施したアイテムに注目しました。
y.sugawara | 4,752 view
表現の根底にあるのはまっすぐなエゴイズム―村松亮太郎(NAKED Inc.代表)後編

表現の根底にあるのはまっすぐなエゴイズム―村松亮太郎(NAKED Inc.代表)後編

時代が注目するキーパーソンに、ポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。今回のゲストは村松亮太郎さん。クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表で、2012年に開催された東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』を筆頭にさまざまな場所で空間演出をする一方、映画やMV製作なども手掛けるマルチクリエイターだ。今回そんな村松さんがポール・スチュアートのスーツを初体験。スーツやファッションへのこだわりに加え、現職に至るまでの経緯と将来への展望などをうかがいました。
y.sugawara | 1,373 view
【MEN】緩やかに、清く。夏にこそ着楽な“スラックス”を

【MEN】緩やかに、清く。夏にこそ着楽な“スラックス”を

気持ちも着心地も楽チン。気楽かつ着楽なウエアこそ、計算された熟練のノウハウが必要となってきます。今回「FOCUS ITEM」で紹介する“サマースラックス”は、見た目のきちんと感と着心地のラフさがちょうどいい塩梅。ぜひその魅力を堪能してみてください。
y.sugawara | 3,486 view
【WOMEN】今年らしい色と柄で彩る“モダンプリミティブ”

【WOMEN】今年らしい色と柄で彩る“モダンプリミティブ”

落ち着いた大人の女性を彩るオフスタイルもポール・スチュアートは得意としています。今回の「FOCUS ITEM」はウィメンズカジュアルから今年のテーマとして掲げる“モダンプリミティブ”を象徴するアイテムと、そのコーディネートをお届けしていきます。
y.sugawara | 1,251 view
格式がありながらも楽に着られるポール・スチュアートのトラッド―村松亮太郎(NAKED Inc.代表)前編

格式がありながらも楽に着られるポール・スチュアートのトラッド―村松亮太郎(NAKED Inc.代表)前編

時代が注目するキーパーソンに、ポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。今回のゲストは村松亮太郎さん。クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表で、2012年に開催された東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』を筆頭にさまざまな場所で空間演出をする一方、映画やMV製作なども手掛けるマルチクリエイターだ。今回そんな村松さんがポール・スチュアートのスーツを初体験。スーツやファッションへのこだわりに加え、現職に至るまでの経緯と将来への展望などをうかがいました。
y.sugawara | 1,083 view
【MEN】アイデンティティと機能性、“ブレザー”に宿らせて

【MEN】アイデンティティと機能性、“ブレザー”に宿らせて

ポール・スチュアートが土台に据えるアメリカントラッド。その息吹を注ぎ込みながら、快適な機能性を携えたハイブリッドな“ブレザージャケット”を「FOCUS ITEM」としてご紹介します。ボタンに刻印された象徴的な“ロゴ”にもブランドの想いが隠されています。
y.sugawara | 1,560 view
【MEN】 新感覚の“トラベラー”セットアップで軽やかな日々を

【MEN】 新感覚の“トラベラー”セットアップで軽やかな日々を

今回の「FOCUS ITEM」が送り出すメンズ注目株は、昨年スタートの新ライン「STUART’S TRAVELER」より誕生したファンクショナルな”セットアップ”。ポール・スチュアートがこだわり抜いた素材の強さを生かし、構築的ながら軽い仕様を追求した新しい服作りは一見の価値ありです。
y.sugawara | 2,539 view
【MEN】成熟した大人とカラフルな“リネンシャツ”の美味しい関係

【MEN】成熟した大人とカラフルな“リネンシャツ”の美味しい関係

今回の「FOCUS ITEM」はメンズカジュアルより色とりどりなストライプと心地よい風合いが魅力の“リネンシャツ”をご紹介。夏らしい色味を加えたい時、“リネンシャツ”の選択は成熟した大人の好判断となります。アイテムと一緒にその優れた関係性にも触れていきます。
y.sugawara | 1,442 view
【MEN】“リネンニット”――この風合いの良さ、やみつきです

【MEN】“リネンニット”――この風合いの良さ、やみつきです

強まる日差しに夏への移ろいを感じる今回の「FOCUS ITEM」は、この麗らかな気候にアジャストしたかのような“リネンニット”です。暖かくなるとどうしても一辺倒になりがちなメンズカジュアルスタイルに、奥行きをもたらしてくれる風合いの良い素材感。きっと虜になるはずです。
y.sugawara | 810 view
【WOMEN】品性漂うオフィススタイルは“ジャケット”が物を言う

【WOMEN】品性漂うオフィススタイルは“ジャケット”が物を言う

「FOCUS ITEM」ウィメンズの第2回は、日常のビジネスシーンにフォーカスを当てた“ジャケットスタイル”のご提案です。これからの季節に最適に仕上げられた2パターンのジャケットを、ポール・スチュアートらしく品性を感じさせるムードで着こなしていきます。
y.sugawara | 2,456 view
【MEN】リラックス感ある“セットアップ”がデイオフに洒脱さを添える

【MEN】リラックス感ある“セットアップ”がデイオフに洒脱さを添える

「FOCUS ITEM」の今回はメンズのカジュアルラインから、涼しげながらも洒脱な雰囲気を漂わせる“シアサッカーセットアップ”をセレクト。軽やかで清涼感のある生地は着心地にも優れている為、大人の休日スタイルを快適かつスタイリッシュに彩ってくれます。
y.sugawara | 948 view
【MEN】上質な“リネンジャケット”で優雅に初夏を彩って

【MEN】上質な“リネンジャケット”で優雅に初夏を彩って

今回の「FOCUS ITEM」はメンズのドレスラインより、クールビズも始まるこれからの季節に頼りになる“リネンジャケット”をご紹介します。春夏のセパレートスタイルにおいて清涼感と洒脱感を両立できる、ビジネスマン必携となる最高峰の仕上がりをご覧ください。
y.sugawara | 1,532 view
【WOMEN】貴女のステップアップ、“ファーストバッグ”と共に

【WOMEN】貴女のステップアップ、“ファーストバッグ”と共に

「FOCUS ITEM」WOMENの初回は“ファーストジャケット”に次ぐ、働く女性を支えるアイテムとしてリリースした“ファーストバッグ”です。ステップアップしたエグゼクティブな女性が共にしたくなるバッグを目指した新たなブランドの顔、その人気の理由をご紹介していきます。
y.sugawara | 1,911 view
39 件
ページトップへ