miyata

miyata

フォロー

0 人にフォローされています

【MEN】洗練された大人へ新たな“スウィングトップジャケット”を

【MEN】洗練された大人へ新たな“スウィングトップジャケット”を

ポール・スチュアートが今リコメンドしたいアイテムをフィーチャーする「FOCUS ITEM」。初回はメンズのカジュアルラインより永久の大人の定番アウター“スウィングトップジャケット”をご紹介します。英国由来の歴史あるジャケットをNY的解釈でアレンジを加えた逸品です。
miyata | 4,119 view
細部意匠からこだわりが伝わるポール・スチュアートの服作り─平尾成志(盆栽師)前編

細部意匠からこだわりが伝わるポール・スチュアートの服作り─平尾成志(盆栽師)前編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第11回目のゲストは盆栽師の平尾成志さん。平尾さんは、学生時代に偶然訪れた東福寺の方丈庭園に感銘を受け、その瞬間に盆栽師への道を志すことを決意。今では盆栽の魅力を伝えるべく、国内外を問わず様々な場所でワークショップやパフォーマンスを開催しています。今回はそんな平尾さんに、ポール・スチュアートのウェアを着用して頂き、ファッションへのこだわりや、自身が描く盆栽の未来について伺いました。
miyata | 565 view
青山 Aglaia Intellectual and Comfort「知る人ぞ知るユニークな花屋を訪れ、日常に華やぎを」

青山 Aglaia Intellectual and Comfort「知る人ぞ知るユニークな花屋を訪れ、日常に華やぎを」

洋服のお洒落はもちろん、自分以外を彩るのもお忘れなく。「Aglaia Intellectual and Comfort」は、自由な発想で店をつくる花屋兼ギャラリー。花のある空間でゆったりとした時間を過ごすことができ、いるうちに花も欲しくなってしまう。自分へ、または大事な人へ花を買えば、その瞬間から日常に華やぎがそそがれる。
miyata | 2,722 view
必要とする、必要とされるタイミングを大切に。─小松美羽(現代アーティスト)後編

必要とする、必要とされるタイミングを大切に。─小松美羽(現代アーティスト)後編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第10回目のゲストは、国内外で活躍する画家で現代アーティストの小松美羽さんです。華奢で美しい顔立ちから紡ぎ出される作品はどれもダイナミックで神秘的なオーラーを放ち、観る人の心を揺さぶります。まさに才色兼備の女性とは彼女のことを指すに違いありません。芸術家をはじめ優れた才能の持ち主は常に孤独との戦い。小松さんはどのように自己と向き合い、人々を魅了する作品を生み出しているのでしょうか。確固たる姿勢を貫く彼女の魅力に迫ります。
miyata | 1,108 view
理のみならず何でもこなせる。有能なシェフの条件─山下春幸(ウォーターマーク代表兼エグゼクティブシェフ)後編

理のみならず何でもこなせる。有能なシェフの条件─山下春幸(ウォーターマーク代表兼エグゼクティブシェフ)後編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第9回目のゲストは、HAL YAMASHITA 東京のエグゼクティブオーナーシェフでウォーターマーク代表の、山下春幸さん。料理技法など、伝統的な日本のスタイルに独自の視点を用い、従来になかった斬新な組み合わせを取り入れた『新和食』を提案している。そんな国内外から高い評価を獲得する、日本が世界に誇る和食界の革命家・山下春幸さんがポール・スチュアートのスーツを着用。スーツへのこだわりや和食の未来に至るまで幅広く伺いました。
miyata | 401 view
海外との交流で生まれる新たな発見─小松美羽(現代アーティスト)中編

海外との交流で生まれる新たな発見─小松美羽(現代アーティスト)中編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第10回目のゲストは、国内外で活躍する画家で現代アーティストの小松美羽さんです。華奢で美しい顔立ちから紡ぎ出される作品はどれもダイナミックで神秘的なオーラーを放ち、観る人の心を揺さぶります。まさに才色兼備の女性とは彼女のことを指すに違いありません。芸術家をはじめ優れた才能の持ち主は常に孤独との戦い。小松さんはどのように自己と向き合い、人々を魅了する作品を生み出しているのでしょうか。確固たる姿勢を貫く彼女の魅力に迫ります。
miyata | 978 view
ポール・スチュアートのスーツはとにかく着やすさがいい。─山下春幸(ウォーターマーク代表兼エグゼクティブシェフ)中編

ポール・スチュアートのスーツはとにかく着やすさがいい。─山下春幸(ウォーターマーク代表兼エグゼクティブシェフ)中編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第9回目のゲストは、HAL YAMASHITA 東京のエグゼクティブオーナーシェフでウォーターマーク代表の、山下春幸さん。料理技法など、伝統的な日本のスタイルに独自の視点を用い、従来になかった斬新な組み合わせを取り入れた『新和食』を提案している。そんな国内外から高い評価を獲得する、日本が世界に誇る和食界の革命家・山下春幸さんがポール・スチュアートのスーツを着用。スーツへのこだわりや和食の未来に至るまで幅広く伺いました。
miyata | 1,837 view
西麻布 Takumi「ブレない夢をもつ若きシェフが提供する、どこにも似ていないフレンチ」

西麻布 Takumi「ブレない夢をもつ若きシェフが提供する、どこにも似ていないフレンチ」

今年の2月、西麻布にドレスアップしがいのあるフレンチがオープンした。その店「Takumi」は、プレゼンテーションも料理もひたすら独創的。若きシェフの情熱を体感することとなる時間には、いつもより少しフォーマルな装いがちょうどいい。美食とワインを堪能したあとは、お気に入りのコートを羽織って冬の夜を少し歩くのも悪くない。
miyata | 1,396 view
作品を通じて伝える信じることの大切さ─小松美羽(現代アーティスト)前編

作品を通じて伝える信じることの大切さ─小松美羽(現代アーティスト)前編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第10回目のゲストは、国内外で活躍する画家で現代アーティストの小松美羽さんです。華奢で美しい顔立ちから紡ぎ出される作品はどれもダイナミックで神秘的なオーラーを放ち、観る人の心を揺さぶります。まさに才色兼備の女性とは彼女のことを指すに違いありません。芸術家をはじめ優れた才能の持ち主は常に孤独との戦い。小松さんはどのように自己と向き合い、人々を魅了する作品を生み出しているのでしょうか。確固たる姿勢を貫く彼女の魅力に迫ります。
miyata | 1,580 view
和食の新たな可能性へのあくなき挑戦と探求心─山下春幸(ウォーターマーク代表兼エグゼクティブシェフ)前編

和食の新たな可能性へのあくなき挑戦と探求心─山下春幸(ウォーターマーク代表兼エグゼクティブシェフ)前編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第9回目のゲストは、HAL YAMASHITA 東京のエグゼクティブオーナーシェフでウォーターマーク代表の、山下春幸さん。料理技法など、伝統的な日本のスタイルに独自の視点を用い、従来になかった斬新な組み合わせを取り入れた『新和食』を提案している。そんな国内外から高い評価を獲得する、日本が世界に誇る和食界の革命家・山下春幸さんがポール・スチュアートのスーツを着用。スーツへのこだわりや和食の未来に至るまで幅広く伺いました。
miyata | 505 view
心動く、ディスプレイを。VMDの静かなる情熱

心動く、ディスプレイを。VMDの静かなる情熱

店舗のウィンドウディスプレイや陳列を統括する、VMD=ヴィジュアルマーチャンダイザーという役割。何気ない店頭のコーナーにも、VMDがさまざまな創意工夫を込めています。ポール・スチュアートのディスプレイに掛ける思いを、岡崎能也メンズVMDが語ります。
miyata | 3,064 view
東京ステーションホテル「東京駅の中のホテルに泊まり、旅する人の流れを感じる」

東京ステーションホテル「東京駅の中のホテルに泊まり、旅する人の流れを感じる」

ものづくりも建物も、年月を重ねるごとに魅力を増していくのが好ましい。100年以上の歴史を誇る「東京ステーションホテル」は、まさにその理想形だろう。東京駅丸の内駅舎内という特別なロケーションは、一度は泊まってみたいもの。東京駅の改札を出たその足でチェックインすれば、他のどことも似ていないホテルステイが待っている。
miyata | 1,315 view
いくつになっても挑戦する女性は輝いている。─池貝知子(アイケイジー 代表取締役)後編

いくつになっても挑戦する女性は輝いている。─池貝知子(アイケイジー 代表取締役)後編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第8回目のゲストは、空間プロデューサーとしてグローバルに活躍する株式会社アイケイジー代表取締役の池貝知子さんです。建物にまつわるすべてを監修し、多くの人々に愛される空間を作り出すスペシャリストである同時に、社会の第一線で働く女性の鑑のような存在でもあります。ご自身の会社を立ち上げてから15年近く。人生のターニングポイント、これまで携わってきたプロジェクト、そしてビジネスを通じて心得たファッションスタイルなどについて語っていただきました。
miyata | 863 view
ポール・スチュアートのス−ツにはストーリーがある─長瀬次英(日本ロレアル デジタル戦略統括責任者)後編

ポール・スチュアートのス−ツにはストーリーがある─長瀬次英(日本ロレアル デジタル戦略統括責任者)後編

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。第7回目のゲストは長瀬次英さん。現在は、日本ロレアル株式会社デジタル戦略統括責任者/CDO(チーフデジタルオフィサー)として、社内におけるビジネスのデジタル化を進めるべく、その牽引役を一手に担っています。そして前職はインスタグラム・ジャパンの日本事業責任者という、まさにデジタル業界の寵児と言っても過言ではない華やかなキャリアの持ち主。でも本人いわく、そのビジネススタイルはデジタルとは真逆の"アナログ"であり、なおかつ実に"泥くさい"ものだったのです。
miyata | 1,372 view
恵比寿 ロングレイン「タイ料理の新たな魅力にはまる、新感覚レストラン」

恵比寿 ロングレイン「タイ料理の新たな魅力にはまる、新感覚レストラン」

ポール・スチュアートのコンセプトのひとつが、“コンテンポラリー・クラシック”。とまったままのクラシックではなく、いまの街に合うよう進化したスタイルが必要という意図がある。そんな柔軟なものづくりは料理にしても同じ。8月末にオープンした「ロングレイン」は、いまの東京らしい良店だ。
miyata | 1,428 view
66 件
ページトップへ