【WOMEN】品性漂うオフィススタイルは“ジャケット”が物を言う
  1. TOP
  2. FOCUS ITEM
  3. 【WOMEN】品性漂うオフィススタイルは“ジャケット”が物を言う
FOCUS ITEM WOMEN

【WOMEN】品性漂うオフィススタイルは“ジャケット”が物を言う

「FOCUS ITEM」ウィメンズの第2回は、日常のビジネスシーンにフォーカスを当てた“ジャケットスタイル”のご提案です。これからの季節に最適に仕上げられた2パターンのジャケットを、ポール・スチュアートらしく品性を感じさせるムードで着こなしていきます。

Photo. Kazuo Shimamoto(BAARL) / Styling. Masatoshi Kawamata /
Text. Daisuke Kobayashi / Edit. Pomalo Inc.

FOCUS ITEM: WOMEN’S JACKET

あらゆる女性の自分を高めるジャケットとして

ポール・スチュアートがウィメンズジャケットに込める想いは「自立」と「品性」。ステップアップしていく管理職やエグゼクティブを志す女性たちに少しでもこの2つのイメージを感じさせる“纏い”となるようにデザインを追求しています。その為、ファーストインプレッションで他にはない凛とした佇まいを感じていただけることでしょう。今回新たにリリースしたこちらの2型は、毎シーズンご好評をいただいているエメラルドカールマイヤー素材を採用。上品な艶感を持つ素材ながら、型崩れを防ぎ軽やかな仕上がりが特徴です。

左/定番となる1釦仕様のテーラードジャケットは、裏地を付けず、肩パッドの代わりに肩から袖にかけて共地で補強を施したライトな着心地が魅力。1釦特有の短めの着丈や斜めに取ったフロントダーツにより、女性らしく綺麗に着こなすことができます。また、シルクのような光沢と淡いベージュカラーが相まって、大人のクラス感を味わえる一着です。

右/基礎の作りや素材はテーラードジャケット同様ながら、よりモダンな印象を目指したノーカラータイプ。カーディガンを着ているようなナチュラルな着心地に、素材の持つ上品さを感じられる仕上がりの良さは、日常使いで重宝します。袖丈はテーラード同様の8部丈で設定されている為、手元のアレンジでも季節感を楽しめるでしょう。

RECOMMEND STYLE 1

春夏らしい色合いで落ち着いたオフィスシーンを

オフィススタイルはコンサバティブな考え方で構築することが多いはずです。アイテム選びはもちろん、カラーリングも然り。そうなると、どうしても暗い色味に頼ってしまいがちです。爽やかな春夏シーズンですので、TPOに適しながらも明るい色合いで気持ちも明るくしてみるのはいかがでしょうか。テーラードジャケットのカラーに合わせて全体をベージュトーンで整えたトータルルックは、明るい色合いながらもベージュの持つ落ち着きを表現してくれる為、オフィスシーンでも有効なスタイリングです。ブラウスにホワイトを、そしてスカートで柄を加えることでメリハリと奥行きのあるコーディネートに仕上げています。

RECOMMEND STYLE 2

シックなカラーリングで仕上げて洗練された装いに

ジャケットの持つモダンなテイストに合わせて構築した濃色系カラーリング。光沢感のあるネイビーカラーを軸にしている為、インナーにはシンプルなホワイトブラウスでシンプルかつきちんとしたバランスを整えています。また、スカートにはトレンドのペイズリー柄を携えて、固い印象とならないように華やかさを加えました。ラップ風のデザインも春風にたなびくことで全身の雰囲気を軽やかに見せてくれるでしょう。先に出てきたベージュトーンが優しさや落ち着きを表現するのであれば、こちらのスタイルは大人の都会的なエレガンスを表現しています。ご自身をどう見せたいかというセルフプロデュースも含めて、新しいジャケット選びからオフィススタイルまで構築してみてはいかがでしょうか。

問い合わせ先/ポール・スチュアート 青山店 Tel.03-3406-8121
8 件
ページトップへ