2022.07.22

【Paul Stuart MEN’S STAFF SNAP 2022 SUMMER】 どの着こなしがお好みですか? 進化を止めない夏の着こなし解説

 

驚くような早さで梅雨が明けて、例年より長くなりそうな今年の夏。“ポール・スチュアートの男たち”はどんな夏スタイルを楽しんでいるでしょうか。スタイリングのイメージは、クール、エレガンス、タフ、クリーン、そして少しの遊び心と愛嬌。北は北海道から、南は博多まで、プロの着こなしを参考にしていただき、ビジネスで、デートで、遊びで、軽やかに旬の装いをお楽しみください。

 

 

“ポール・スチュアートの男たち”は、バーズアイ調のセットアップをどう着こなす?

 

今回の「夏スナップ」では、ポール・スチュアートのスタッフが、スニーカーやTシャツともコーディネートしやすい、アンコン仕様の「バーズアイジャージーコンフォートジャケット」と、ウエスト部分にゴムとドローコードを兼ね備えた「バーズアイジャージーコンフォートパンツ」を中心にスタイリング。それぞれの個性の出し方や小物使いなどをお楽しみください。

 

 

 

- バーズアイジャージーシリーズ -

 

・ジャケット 44,000円

 

・パンツ 24,200円

 

 

ニットタイでタイドアップした大人スタイリング

【大丸札幌店 スタッフ 細田 誠(51歳)】

足元はタッセルのペルジャンシューズで、軽い雰囲気を出すコーディネートです。

 

 

ポール・スチュアート定番のポロシャツですっきりと

【伊勢丹浦和店 エリアマネージャー 田名部龍太郎(45歳)】

夏スタイルの王道はTシャツ合わせですが、定番のポロシャツにして、ポロシャツと同系色のチーフを差してアクセントにしています。

 

 

きれいめセットアップを活かした“イマドキ”カジュアル

【伊勢丹新宿本店 店長・エリアマネージャー 三田和幸(38歳)】

全体をダークカラーでまとめながら、ジャケット、シャツは50/XLサイズでオーバーめのサイズを選択。私物のベレー帽と、インナーは柄シャツをアウトタックにしてカジュアル感を演出。ボタンを第一ボタンまで留めることで、ラフになり過ぎないようにしました。

 

 

ピンクボーダーのポロシャツをアクセントに、表情も明るく

【髙島屋玉川店 店長・エリアマネージャー 五十嵐友輔(37歳)】

セットアップの素材感とマッチするピンクボーダーのポロシャツでコーディネート。スポーティ過ぎないように足元はローファーにして、レザークラッチで大人の装いを演出。

 

 

ジャージー素材の着心地の良さ、快適性を活かす着こなし

【大丸京都店 店長 大谷諭史(42歳)】

ジャージー素材のジャケットにカッタウェイカラーのポロシャツを合わせました。首元にはクラバッティーノを合わせて、カジュアル過ぎず大人の遊び着を演出!

 

 

ネイビー合わせの夏のダークトーンコーディネート

【東武池袋本店 店長・エリアマネージャー 本田 翼(42歳)】

ネイビーのセットアップにネイビーのシャツを合わせたダークトーンコーディネート。重くなりすぎないようにネッカチーフを巻いて、足元にはビットローファーで軽い印象を表現しました。

 

 

カジュアル感のあるセットアップでCOOL BIZ仕様に!

【松屋銀座店 スタッフ 春山直人(44歳)】

ジャージー素材でカジュアル感のあるセットアップでも、シャツ、ニットタイのコーディネート次第でCOOL BIZ仕様になります。

 

 

落ち着きのある色でまとめて、リラックス感をアピール

【阪急博多店 スタッフ 松尾琢也(29歳)】

柔らかいジャージー素材で落ち着いたチャコールグレーのセットアップなので、インナーにこなれ感のあるバンドカラーシャツを入れて、オンでもオフでも着られるスタイルにしています。落ち着いた色でまとめているので、男性らしさを残しつつも重たく暑苦しく見えず、リラクシングのある見え方にしています。