2022.10.28

【STUART’S TRAVELER , GOOD TRAVELER】 多忙なビジネスマンがスーツスタイルに求めるすべてを叶える―― 旅も出張も「STUART’S TRAVELER」で、快適にエレガントに

世界的なパンデミックにより、働き方はリモートワークと出社というハイブリッド型が定着し、ビジネスシーンで着るウェアは、“軽さ・柔らかさ・ストレッチ・防シワ”などの機能性がもたらすコンフォートな着心地のジャケット&スラックスが主役になりました。

 

ポール・スチュアートの「STUART’S TRAVELER(スチュアーツ トラベラー)」も、快適な着心地を叶えるセットアップを中心に、ニューノーマル時代のビジネスからデイリーユースまで幅広いスタイリングが楽しめます。

 

Photo. Shimpei Suzuki / Text. Makoto Kajii
Edit. FUTURE INN

 

ディレクター鴨志田康人が今年体感した「新しい旅のカタチ」

今年の5月にロンドンに行ってきました。久しぶりにロンドンの街の空気に包まれて、リフレッシュできました。ロンドンでは誰もマスクを着けていなくて、コロナの影が一切なく、逞しい国民性を感じました。

 

コロナ禍前は海外出張がルーチン化していたので、自分の目で見る、耳で聞く、五感から感じるモノはとても貴重だったと改めて思いました。特に海外で行われる生地の展示会は、現地で気分が上がって集中力があり、クリエイション視点で面白がれるので、発想の場としても重要でしたね。

 

鴨志田さんのスナップより

 

自分が行っているファッションディレクションは、未来を予想するものではなく、リアリティをもって次を考えていく仕事です。ポール・スチュアートなら、NYへ行って、その近郊にも足を伸ばして、ブランドのルーツにインスパイアされたり、実際に着用しているビジネスエリートたちを見たりすることで、キーワード的なものがひらめきます。

 

鴨志田さんのスナップより

 

スーツはコミュニケーションのための大切なツール

ビジネストリップの場合、スーツケースにパッキングするのは、「誰と、どこで会うか」という相手のことだけを考えたスーツやジャケットです。そしてシャツやネクタイのバリエーションも持っていきますが、今の時期なら、軽くてコンパクトになるハイネックやモックネック、タートルネックのニットを詰めます。

 

 

ウールのスーツやジャケットは、ホテルに着いてスーツケースから取り出して、アイロンを掛けたりする一手間が必要ですが、「STUART’S TRAVELER」は、天然素材なのに防シワ性などが施され、タフに着られて、コンパクトにまとまるので、時間がない国内出張ならこんなに味方になってくれる服はありません。

 

天然素材にこだわる新しい時代のビジネスウェア「STUART’S TRAVELER」

「STUART’S TRAVELER」のジャケットは、保型する毛芯、パット、裄綿など内側の附属を一切使わずに構築的なシルエットを実現。立体的なフォルムを作り出すために開発されたスペックの高い素材を用いて、快適な着心地を実現します。

 

 

出張や旅行の際に貴重品などをスマートに収納できる下前内ポケットは、スポーツウェアなどに使用される無縫製の圧着ファスナーを使用。「STUART’S TRAVELER」のアイコンになっています。

 

1泊2日・2泊3日の出張に重宝するトラベラーセットアップ



生地は、世界でも三本の指に入る毛織物の一大産地、世界に誇る日本の尾州で生みだされたダブルジャカードジャージー。形はシンプルでスタンダードなノッチドラペルに2ボタンのシングルテーラードジャケットで、濃淡で表現された控えめなシャドーパターンのグレナカートチェックです。

 


軽く快適な着心地を実現する次世代のスラックスパンツ。遠目には無地に見えながらも奥行きのある色合いとニュアンスのある表面感を醸し出します。

 


柔らかさと膨らみ、高級感を醸す光沢があるエクストラファインウールのハイネックニット。ビジネスコーディネートのインナーとして清潔感やきちんと感もアピールします。

 

1枚仕立てのアンコンジャケットは、“GLOBAL MODEL”シルエット



尾州産のウールピンヘッドのストレッチ素材を使用した1枚仕立てのライトウェイトジャケット。テーラードジャケットらしい仕様ですが、芯は極力無くして軽く仕上げて、全体的にふっくらしたナポリのジャケットのような表情も軽快です。

 


尾州産のウールピンヘッドの縦にも横にも伸びるストレッチ素材を使用。表面はピンヘッドにして、裏面は配色のあるシックな組み合わせになっています。

 


イタリアのZEGNA BARUFFA(ゼニアバルファ)社製のエクストラファインウールを使用。光沢感と肌触りが良い素材で、編み目がきれいに整っているので、スーツのような清潔感と正統性を求める生地とのコーディネートにおすすめです。

 

オフィスにもデイリーカジュアルにも使いこなせるバーズアイ



軽く快適な着心地を実現する次世代ジャケットが、トラッドでクラシカルな印象が魅力的なバーズアイ組織で登場。反発力のある糸を使用しているために伸縮性が優れており、キックバックが良く、布帛(ふはく)ライクな表情のニット素材です。遠目には無地に見えながらも、奥行きのある色合いとニュアンスのある表面感が新鮮です。

 


スラックスも伸縮性に優れた素材を使用することで快適な着心地を実現。クリアカット加工を施した生地は伸縮性に優れ、夏を除いた10monthで活躍します。

 


日本でビジネスシャツの定番型として根強い人気のセミワイドカラーの長袖シャツ。ノーネクタイ仕様に合わせて、美しいロール返りを演出しながら、さらに表から留めが見えないように比翼ボタンダウン仕様を採用しています。

 


首元にエレガンスを香らせるスカーフ。上質なシルク素材で、ポケットチーフとしても活用できます。

 


バックル部分がレザー巻きで、ベルトの帯がストレッチ性のあるエラスティックタイプのベルト。

 

ポール・スチュアート 青山本店で、「VIOLIN RECITAL」を毎週日曜午後に開催

 

ポール・スチュアート 青山本店では、毎週日曜日にヴァイオリン リサイタルを開催します。プロのヴァイオリニストをお招きして、14:00~14:30と15:00~15:30の2回(各公演30分)の演奏を予定しています。開催中はドリンクの無料サービスを行います。ぜひこの機会にご来店ください。

ポール・スチュアート 青山本店
TEL 03-6384-5763
東京都港区北青山二丁目14-4 ジ アーガイル アオヤマ 1F
営業時間 11:00~20:00
併設するバー「THE COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」
18:00~24:00 ※同一テーブルでの会食は4人以内
※酒類の提供を再開しております
これまで同様、感染防止対策を徹底し営業いたします。
ご不明な点がございましたら、ショップまでお問合せください。