2023.01.20

【Paul Stuart KNIT COLLECTION 2023】 DAILY DRESS-UP KNIT STYLING――梅春の気分を乗せて、ニット賢者が今着こなしたい、ドレスアップニット

 

ドレスからカジュアルまで、多彩なスタイルに合うように素材から縫製まで細やかにアップデートされたポール・スチュアートのニットは、桜のつぼみが膨らむ頃まで手放せない優秀アイテム。ニットは上質な素材感が決め手になるので、上手にチョイスして、美しく着こなすと、それだけで“大人の品と格”が漂います。「出合ってしまった、運命のニット」で、毎日ドレスアップをお楽しみください。

 

Photo. Yoshimi Seida / Text. Makoto Kajii
Edit. FUTURE INN

 


【WOMENS】
ニットジャケット感覚で着こなせるカーディガンとプルオーバーのライン入りツインセット

加工によってツヤが出る糸を使用し、なめらかな着心地が楽しめる素材のカーディガンとプルオーバー。ライン入りカーディガンは襟の形が新しく、50年代風のヴィンテージテイストのボクシーなシルエットは、ニット以上ジャケット未満、ブラウスを合わせてオフィスでも活躍してくれます。

 

 

しっかりめの編地ときれいな表面感で、ニットジャケット感覚で着こなせるカーディガン。ややゆったりめのシルエットで、厚手のインナーとも合わせやすいサイズ感は、今の季節に◎。裾は切り替えなしのすっきりとしたデザインで、腰回りがダボつきません。

 

襟ぐりの配色カラーがアクセントになっているプルオーバー。シンプルなデザインは、ツインのカーディガンとはもちろん、アウターとも美しく映えます。
 

 

 

【WOMENS】
待ち遠しい春を着こなすようなコーラルピンクのアンサンブル。華やかな雰囲気を醸し出すシルクは着こなしの味方

名だたる高級メゾンに愛されてきた、イタリア・ビエラ地区にある老舗メーカーにて紡績された120番手の非常に細くて上質な絹紡糸をベースに使用したアンサンブル。

糸の原料はAAAクラスの非常に高級なシルクで、そのシルクに綿の段階と糸にしてからの2段階でマシン・ウォッシャブル加工を施しています。シルクならではのエレガントな光沢感とシャープな風合いは、まさに大人だけが着こなせるニットです。

 

 


 


【WOMENS】
顔まわりをすっきり美しく見せる新定番のモックネック。ジャケットのインナーに最適な“ドレスニット”です

上のアンサンブルと同じシルク素材を使用したプルオーバー。ボディのシルエットを拾い過ぎないシルクならではの柔らかさと、ハイゲージで丁寧に編み立てた天竺編みの上品な光沢が優しい、オートミールカラーが映える一枚です。

 

 

上質な素材と細かなディテールにこだわったモックネック。ジャケットのインナーとしてきれいに収まるようにネック部分の高さを調整し、袖や裾は絞らずに着たときにスッキリと見える仕上げにこだわっています。

 

 


【MEN’S】
柔らかさと身体を包む膨らみ感が魅力のカーディガン、ハイネックセーター、ニットベストを自在に着こなして、品の良さを伝える男の装いを

イタリアの名門紡績メーカー、ZEGNA BARUFFA(ゼニアバルファ)社製のエクストラファインウールを使用したカーディガン、ハイネックセーター、ニットベストの3兄弟がラインナップ。

エクストラファインメリノを原料とした光沢感と肌触りが良い素材で、糸の太さが均一なので、編み目がきれいに整い、スーツのような清潔感と正統性を醸す生地とのコーディネートにぴったり。さらに、アンサンブルとして重ねると、ニットが持つ柔和な表情が、大人の気品と絶妙にマッチして、冬から春への装いの楽しさを教えてくれます。

 

 

 

ハイネックニットとのアンサンブルとして着こなせるカーディガン。春めいてきたら、インナーをカットソーやTシャツにして長く愛用でき、スーツやジャケットのインナーに合わせるときも、ネクタイのあり・なし双方のスタイルでバランスよくコーディネートできます。

 

 

 

やや薄手で目の詰まったハイゲージニットは、装いに清潔感やきちんと感をプラスしてくれる名脇役。首元をすっきり見せるハイネックなので、ネクタイをしない日のビジネスコーディネートのインナーにおすすめです。ブランドアイコン「MOF(MAN ON THE FENCE/マン・オン・ザ・フェンス)」が左腰元にワンポイント入っています。

 

 

 

一枚持っているとレイヤー(重ね着)で重宝するのがニットベスト。シルエットを形作る保形性に優れていて、型崩れしにくいミラノリブ編みで仕立てています。着用時に裾からベルトが覗かないように着丈も絶妙に調整。上着を脱いでも様になるデザインです。

 

 

 

ポール・スチュアート青山本店「VIOLIN RECITAL」を開催中

毎週日曜日にポール・スチュアート青山本店でヴァイオリン リサイタルを開催しています。プロのヴァイオリニストをお招きして、14:00~14:30と15:00~15:30の2回の演奏を予定しています。
1月22日(土)はヴァイオリニストの橋本 彩子(はしもと あやこ)さん、1月29日(日)はヴァイオリニストの熊谷 真紀(くまがい まき)さんが登場します。ぜひご来店ください。

ポール・スチュアート 青山本店
TEL 03-6384-5763
東京都港区北青山二丁目14-4 ジ アーガイル アオヤマ 1F
営業時間 11:00~20:00
併設するバー「THE COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」
18:00~24:00 ※同一テーブルでの会食は4人以内
※酒類の提供を再開しております
これまで同様、感染防止対策を徹底し営業いたします。
ご不明な点がございましたら、ショップまでお問合せください。