• ログイン
  • |
  • 新規会員登録
  • paul stuart 0

    現在、カート内に商品はございません

2020.04.17

あなたの印象を変える最旬着こなし 初夏の陽射しと戯れる“旬感”カジュアルアップ

 

3月の「STYLE LESSON for WOMEN」のテーマ“ドレスダウン”はお楽しみいただけましたか。続く4月は“カジュアルアップ”にフォーカスします。ポール・スチュアートのウィメンズディレクター見上きよみは、ドレスダウンのことを「さりげないテクニック」と解説しましたが、カジュアルアップでポイントになるのは、ずばり「新しいシルエット」。今年らしい色×清涼感のある素材×新鮮なシルエットのコーディネートで、初夏に映えるカジュアルアップを楽しみましょう。

 

Photo. Shimpei Suzuki / Text. Makoto Kajii
Edit. FUTURE INN

 

 

 

 

 

 

青空と薫風、初夏の陽射しを感じる季節――久しぶりのお出かけには、ブラウスセットアップに肩掛けニットでリラックス感をアップ。オレンジよりもグッと大人な雰囲気のラストカラー、テーブルで一際目立つ存在になれそうです。

 

小さな花びらを思わせるランダムなドットが心躍らせるブラウスとスカートのセットアップはオフィスでも大活躍、色違いのネイビードットのワンピースと一緒に今シーズンのカタログにも掲載されています。

 

ニットカーディガンはショート丈とロング丈の2タイプから、ボトムのボリュームに合わせて選べばスタイルアップ間違いなしです。同素材でインナーに適したノースリーブニットも万能選手。サラッとした軽い仕上りで、旅行や出張の心強いパートナーに。ラストカラーのほかにホワイト、ネイビー、ミントの全4色展開です。

 

 

 

 

  • アセテートコットン カーディガン

    4月の「STYLE LESSON for WOMEN」の主役は、綿とアセテートの素材を使ったカーディガンとノースリーブ。上で着用しているのはロング丈です。ブラウスのドット柄のレンガ色を拾って、同系色でコーディネートすれば、羽織っても、肩掛けでもサマになります。

  •  

  • ペインティングドットプリントブラウス

    トレンドのドット柄を手描き風に多色で表現した“ペインティングドット”のボウタイブラウス。写真のコーディネートのようにスカートと合わせてワンピース風に着こなしたり、ジャケットのインナーにして華やかさをプラスするのにも活躍します。

  •  

  • ペインティングドットPT スカート

    裾が広がりすぎないスッキリしたシルエットにこだわったスカート。同素材・同柄で、軽やかな印象を与えるワンピースも展開。ブラウスもスカートも手洗いできます。

  •  

     

 

 

 

 

カジュアルアップのポイントは“新鮮さ”ですが、それを象徴するのが、ネイビーのワイドパンツ。クロップド丈なので重くならず挑戦しやすいシルエットです。上品な光沢が美しい大人のためのTシャツも全色揃えたいマストアイテムで、ベルト使いにしたスカーフでウエストマークしたら、さりげない大人カジュアルの完成です。

 

ワイドパンツの太くまっすぐ落ちるシルエットは膝下を長く見せて、脚長効果抜群。ラインをキープするハリのあるコットン素材は、トップスの白をより爽やかに見せてくれます。

 

上質なパナマ帽とストラップサンダルで、美術館や休日のマルシェに出かけましょう!

 

 

 

 

  • アセテートコットン カーディガン

    上のラストカラーと色違いの白のカーディガン。ショート丈なのでアクティブな印象もあり、エアコンなどがある場所では気軽に羽織れて大活躍。この素材のシリーズは手洗いもOKです。

  •  

  • ハイゲージスムース プルオーバー

    イタリア製の綿100%で、肌触りがとてもなめらかな生地を使用。エレガントな着合わせができるカットソー仕立てで、身頃続きの袖が優しい雰囲気をアピールします。

  •  

  • ドライオックスストレッチ パンツ

    麻混でドライタッチに仕上げたワイドクロップドパンツ。センタープレス入りなので、ワイドでもカジュアル過ぎず、モダンなスタイリングが楽しめます。手洗い可能なので、ヘビロテ決定!

  •  

     

 

 

 

 

麻独特のシャリ感にとろみ感がプラスされたレーヨン混の麻素材を使用した、程よい肌離れが優しいパンツです。ハイウエストでプリーツも深めのリラックスフィット。メンズライクなヘリンボーンが麻ならではクシャッとしわを包み込んで、さりげない着慣れ感を演出してくれます。

 

毎シーズン展開するニットのアンサンブルは、季節ごとに素材や袖の長さ、首の開き具合まで、細部にわたりアップデートしています。写真のラストカラーのツインセットは綿にアセテートをブレンドしたドライなタッチが好評で、これからの季節にぴったりです。

 

トングタイプのレザーサンダルと帽子に巻いたスカーフが、シンプルな装いにスパイスを効かせてくれます。

 

 

 

 

  • アセテートコットン ノースリーブ

    広めの肩幅で二の腕を程よくカバーするデザインのノースリーブ。編み地にハリがあるので、肌離れが良く、リラックスして着こなせます。

  •  

  • アセテートコットン カーディガン

    ノースリーブと同素材で、写真のラストカラーも含めて全4色展開のカーディガンはお尻が隠れる丈感で、ストンと落ちるシルエットがきれいなロングカーデです。

  •  

  • リネンヘリンボーンストレッチ パンツ

    ウエスト部分にツータックを加えて、腰周りにゆとりを加えたペグトップパンツ。清涼感のあるニットや麻のシャツと好相性です。

  •  

     

次回、STYLE LESSON for WOMEN Vol.4~あなたの印象を変える最旬着こなし~は、
「テーマは、サハラ&ローズ」を取り上げます。お楽しみに。

Profile

見上きよみ(みかみ きよみ)

ポール スチュアート ウィメンズディレクター
1963年生まれ。パリ留学後、株式会社ビームスに入社し、パリオフィス開設のため再び渡仏。帰国後、「ルミエール ビームス」を立ち上げ、インターナショナル コレクション バイヤーとして活躍。89年にユナイテッドアローズの創業メンバーに加わり、ウィメンズ ドレス バイヤーやオリジナルブランドの企画、さらに「グリーン レーベル リラクシング」を立ち上げて、ウィメンズとキッズの企画に携わる。2011年にフリーのブランドディレクターになり、17年より現職。