• ログイン
  • |
  • 新規会員登録
  • paul stuart 0

    現在、カート内に商品はございません

2020.06.23

あなたの印象を変える最旬着こなし オフィススタイル自由自在。夏の通勤&リモートを涼しく、軽やかに

 

季節は桜から紫陽花へ──まだまだ肌寒かった3月から、スプリングコートに袖を通すこともないまま6月も過ぎようとしています。外出自粛が解けて、リモートワークからオフィスワークにシフトしていく中、久しぶりの通勤や梅雨の憂鬱なお天気で、「なかなかモチベーションが上がらない」そんな方も多いのではないでしょうか?

 

モチベーションアップに欠かせないのはやっぱり「おしゃれ」です。夏のおしゃれのマストは、清潔感と清涼感、“きちんと見え”するコーディネートを夏らしい3つのテーマにあわせてご紹介します。ホワイトとネイビーの爽やかで凛とした印象。リネンやサッカー素材の涼やかさやアセテートやポリエステルの冷感触感。夏らしい半透明の石やホーンのアクセサリーとラフィアやリボンテープのバッグ、バックストラップシューズやウェッジソールを軽快に組み合わせて、気持ちを上げていきましょう!

 

 

 

着心地はもちろん、見た目も涼やかに──太陽が輝く季節には、白と紺は外せません。夏を代表するサッカー素材は、清涼感を伝える表面感があって、肌離れも良い快適マテリアル。左のネイビーと白のストライプはサッカー素材の代表格で、ジャケットとパンツのセットアップを揃えれば、様々なシーンで活躍してくれます。サッカー素材は来春夏も続くトレンドなので、ぜひ先取りを。

 

右の紺のワンピースは “リネンライク”なトリアセテート素材、シワになりやすく縮みやすいなど麻素材の弱点を解消したサラサラとした着心地が楽しめます。肩回りや胸元の絶妙なバランスがジャケットや羽織物の形を選ばない万能ドレスです。

 

 

 

 

 

 

■サッカーストレッチ ジャケット
細かい凹凸感がカジュアルになり過ぎないサッカー素材のジャケット。2つボタンのシンプルな表情は、前ボタンを開けても決まるシルエットが特徴。携帯用の内ポケット付きです。

 

■サッカーストレッチ パンツ
ジャケットと同素材のパンツは、脚長効果のあるクリース線付きのテーパードシルエットでフェミニンな靴との相性も抜群です。

 

■ハイゲージスムース プルオーバー
上品な光沢としなやかさが特徴で、肌触りがなめらかなハイグレード原綿を使用したカットソープルオーバー。袖は身頃続きで優しい雰囲気に仕上げ、エレガントな着こなしにぴったり。

 

■シャンクロングネックレス
天然素材の淡水パールを職人の技術により繊細なワイヤーでシャンク繋ぎしたネックレス。

 

■イノセントパール80cmネックレス
クリスタルパールを使用したシンプルなロングネックレス。欧米では夜の改まった席で多く用いられることから「Opera」と呼ばれる長さで、2連にしてチョーカーとしても使用できます。

 

■サハラプリントスカーフ
今シーズンのテーマ「WIND OF SAHARA」のイメージとなるラクダモチーフのミニスカーフは、夏に活躍するウォッシャブルシルク素材。ポケットチーフ代わりにジャケットスタイルのアクセントに。

 

 

 

 

■ナチュラリーマットクロス ワンピース
麻のように見える合成繊維素材を使用したサマードレス。胸元にタックを加え、動きのあるデザイン、スリムパンツと合わせてロングチュニックとしても活躍します。

 

■コンパクトコットンMIX カーディガン
シャリ感がある肌離れの良い糸を使用し、真夏にもサラッと羽織れるのがうれしいカーディガン。お出かけのときはもちろん、冷房の効いたオフィスでも手放せなくなりそう。

 

■レザーポケットラフィアバッグ
ラフィアを手間と時間をかけて極細編みしたバッグ。オープンレザーポケットがアクセントとなり、上部マグネットと内部ポケット付きのセミショルダータイプ。

 

■ミニブロックエンブロイダリー ブラウス
美しい透け感が楽しめるブロック柄のエンブロイダリーレーストップス。身頃のみ、ドライタッチの薄い裏生地付きで、袖口のグログランテープがワンポイントに。同素材のスカートと合わせて上品なセットアップコーデも楽しめます。

 

 

 

サハラ砂漠の乾いた風を思わせるカラーを揃えたリネンブラウスは、小さめの襟とディテールを省いたシンプルなデザイン。左のように同じ色のカットソーにあわせてジャケット風に羽織れば、ツインセット感覚できちんとした印象に。 鮮やかなオレンジトーンは右のようにウエストインしてスッキリと。首元にサハラ砂漠のヒトコブラクダモチーフが可愛いらしいスカーフをあわせて軽快に着こなします。アーシーカラーは濃いめのボトムを合わせると重い印象になりがちなので、白やアイボリーなどライトカラーのボトムスを選べば夏らしいスマートスタイルの完成です。

 

 

 

 

■フレンチリネン ブラウス
フレンチリネンの中でもハイクラスのリネンを使用したブラウスは3色展開。全体的に細身にデザインされているので、ボタンを閉めて着たときに美シルエットに。盛夏ならジャケット代わりに羽織っても様になります。

 

■リネンヘリンボーンストレッチ パンツ
無地ライクな絶妙な表情を見せるヘリンボーン柄のパンツは、ウエスト部分にツータックを加え、腰回りにゆとりをもたせたペグトップタイプ。

 

 

 

 

■リネンヘリンボーンストレッチ スカート
大人カジュアルに着こなせるミモレ丈のナロータイトシルエット。ヘリンボーン柄ならではの質感とクラス感をアピールします。

 

■オーガナイズケース
ビジネスで活躍するアイテムを整頓し、まとめて収納できるケース。薄型ですが、内部にはマチ付き仕切りや財布代わりにもなるファスナーポケット、カード8枚収納、A5フリーポケット、外側背面に大きなポケットもあります。人気のファーストバッグと同じクロコ調の型押しの革を使用。

 

■ビジネスカードホルダー
ビジネスシーンに欠かせない名刺入れは、日本の職人が“本磨き”で丁寧に仕上げたもの。ソフトな質感のゴートレザーは長く使えます。

 

 

 

 

「サッと着て、見映えがする」夏の代表的なアイテムがワンピース。シンプルで着回しのきくワンピースは、時間のない朝の救世主です。左のダスティピンクのワンピースは、リモートワークではストンとそのまま、共地のベルトをサッと結んでお買い物、ジャケットを合わせてオフィスにと、大活躍間違いなし。微妙な色合いのピンクには黒のような締まる色のアクセや靴が相性抜群です。

 

右のサックドレス的なニットワンピースは、同素材の半袖でカーディガンと合わせるとスーツのような「きちんと感」を演出してくれます。シルク混のカットソーやサマーニットは、着心地が良いうえに上品な印象なので、リモートワークでも上半身映えしてくれる強い味方です。

 

 

 

 

■レーヨンシルク天竺 ワンピース
両肩サイドにタックデザインを入れ、生地のしなやかさをそのまま活かしたシンプルなジャージドレス。ラフに着こなせる夏のデイリーワンピとして、共生地サッシュベルトを使ってドレス風になど、活躍間違いなし。アンダードレス付き。

 

■ミックスファンシークロス ジャケット
ローデンクロスで有名な南チロルの老舗生地メーカーの素材を使用。表情豊かなファンシークロスのジャケットは、袖丈、着丈ともに短く、全体的に軽快な仕上がりに。フロントはホックで留める仕様で、軽く羽織るのに適しています。

 

 

 

■コンパクトコットンMIX ワンピース
程よいフレアシルエットが上品な女性らしさを高めるノースリーブワンピース。ワンピース1枚で開放的に、同素材のカーディガンと合わせればきちんと感も演出可能。

 

■フレキシブルループベルト
ドレスやパンツの引き締め役として活躍する細めのベルト。柔らかなフォルムのバックルがボディにフィットするエレガントなベルトです。

 

次回、STYLE LESSON for WOMEN Vol.6~今だから語り合いたい、ポール・スチュアート ウィメンズのこと~もお楽しみに

Profile
見上きよみ(みかみ きよみ)

ポール・スチュアート ウィメンズディレクター
1963年生まれ。パリ留学後、株式会社ビームスに入社し、パリオフィス開設のため再び渡仏。帰国後、「ルミエール ビームス」を立ち上げ、インターナショナル コレクション バイヤーとして活躍。89年にユナイテッドアローズの創業メンバーに加わり、ウィメンズ ドレス バイヤーやオリジナルブランドの企画、さらに「グリーン レーベル リラクシング」を立ち上げて、ウィメンズとキッズの企画に携わる。2011年にフリーのブランドディレクターになり、17年より現職。