• ログイン
  • |
  • 新規会員登録
  • paul stuart 0

    現在、カート内に商品はございません

2020.11.13

【AOYAMA FLAGSHIP STORE OPEN PART-1】OPENNING REPORT 未来に向けて歩み続けるブランドの旗艦店がオープン 「ポール・スチュアート 青山本店」へようこそ

 

東京・北青山の商業ビル「the ARGYLE aoyama(ジ アーガイル アオヤマ)」1階に、11月7日(土)、日本におけるフラッグシップストア「ポール・スチュアート 青山本店」がオープン。オープン特集第1回は、グランドオープンに先立って行われたマスコミ向けのプレスデーをリポート。華やいだ空気感の中で、ディレクターと店長の着こなしにもご注目を。

 

Photo. Shimpei Suzuki / Text. Makoto Kajii
Edit. FUTURE INN

 

 

バラの専門店「AFRIKA ROSE(アフリカ ローズ)」が提供する世界最高品質のケニアの薔薇の前で、オープンを記念してカルテットが演奏

 

大人たちが集うに相応しい空間、今着たい服、夜を彩るバーがお披露目

1938年、NYミッドタウン45丁目で創業して以来、流行に左右されることなく、クラシックで、独自のスタイルを発信し続けているポール・スチュアート。新しく誕生した「ポール・スチュアート 青山本店」は、ブランドの歴史として刻まれてきた80年余の時を継承する“コンテンポラリー・クラシック”スタイルを軸に、世界中から選りすぐった商品をメンズ&ウィメンズでラインナップするスペシャリティストアです。

 

 

日本におけるディレクター鴨志田康人が語る「フラッグシップストアの価値」

ポール・スチュアート 青山本店のオープンを迎えることができました。直営店は、ポール・スチュアートの新しい世界を構築していく場であり、お客様にブランドの魅力を知っていただく場でもあります。スタート地点に立ったばかりですが、これからは直営店ならではのアイテムを少しずつ増やしながら、シーズンの通常ラインと特別なコレクションラインの組み合わせによる新鮮な着こなしを提案していきたいですね。

 

 

クラシックなアイテムは、スタイリングでこそ輝くものですから、ポール・スチュアートの歴史が築き上げてきたテーラードと、旬のカジュアルに分かれた空間、そして広々としたフィッティングルームは、それぞれの価値を伝えやすい作りになっています。

 

私とウィメンズディレクターの見上さんが名付けたバー「The COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」は、昔ながらのオーセンティックでタイムレスなバーで、ポール・スチュアートとの親和性を感じていただけると思います。18時からオープンしているので、ぜひ仕事帰りにお立ち寄りください。

 

 

店というものは、何十年もかけてスタッフとお客様が作っていくものです。どうぞ永くご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

 

 

ウィメンズディレクター見上きよみが語る「理想のクローゼットのような楽しみ方」

内装まで関わったポール・スチュアート 青山本店が完成しました。ウィメンズは店に入った右側のエリアで、まとまりがあって選びやすいディスプレイと構成になっていると思います。カジュアル傾向が続くトレンドですが、メディア関係者やお客様からは、「今こういう品揃えの店は少ないからとても新鮮」などのお褒めの言葉をいただきました。

 

 

ウィメンズのプレゼンテーションテーマは、「ミックス&マッチ」です。直営店ならではの限定アイテムやインポート素材ならではの大胆なプリントなど、どのアイテムを選んでも、今の気分にぴったりマッチしたスタイリングがお楽しみいただけます。理想のクローゼットを開けたときのような高揚感をお楽しみください。

 

バー「The COPPER ROOM」は、メンズとウィメンズを繋ぐ素敵な空間です。夕方からのオープン、特に閉店後、コリドーの奥にライトが映えてグッと大人の雰囲気になって本当に素敵です。お仕事帰りやお食事の後、ウィンドウショッピングをしながらぜひお立ち寄りください。

 

 

ポール・スチュアート 青山本店 店長 加賀谷新吾が語る「ブランドの第二章」

ポール・スチュアートの歴史において、ポール・スチュアート 青山本店のオープンは、新たな幕開けとなる第二章がスタートしたと感じています。バーを併設した新しいスタイルのフラッグシップストアとして、お客様に楽しんでいただけるよう、空間を演出していきたいと思います。

 

英国、北欧のヴィンテージ家具のチェアやテーブル、ソファなどを扱うインテリアショップ「Lloyd's Antiques(ロイズ・アンティークス)」が出張販売。レザーソファやコーヒーテーブル、ティーカート、ヴィンテージコートスタンドなどが並びます。

 

英国、北欧のヴィンテージ家具のチェアやテーブル、ソファなどを扱うインテリアショップ「Lloyd's Antiques(ロイズ・アンティークス)」が出張販売。
レザーソファやコーヒーテーブル、ティーカート、ヴィンテージコートスタンドなどが並びます

 

 

これまではコンサバな雰囲気のあるアイテムやスタイリングが好まれたポール・スチュアートですが、メンズは、ディレクター鴨志田が手がけるコレクションラインが加わったことで、お客様にエフォートレス(ほどよく肩の力が抜けた)な風を感じていただきながら、服を着ることの楽しさを改めてお伝えできます。

 

ウィメンズは、女性の多様なライフスタイルの中のシーンにフィットする、ドレスからカジュアルまでを上品かつアクティブに着こなせるワードローブをご用意。着こなしの自由な発想から新たな個性を見つけていただけるはずです。

 

ポール・スチュアートの服がよく似合う理想のバーもできて、ストア中央のコリドー(通路)では、様々なポップアップを展開していく予定です。スタッフと力を合わせて、さらにワクワクしていただける店作りに取り組んでいきますので、外苑前にお越しの際はぜひご来店ください。

 

 

バー「The COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」店長が語る「新しい景色」

お酒を愉しみながら、服を眺める。服選びを楽しみながら、今宵の酒に想いを馳せる──大人がお酒を嗜むバー「The COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」は18時から24時まで、寛ぎのひとときをご提供いたします。

 

 

ポール・スチュアートの素晴らしいコレクションと一体になるバーは、とても新しい形、新しい景色だと思います。出来上がったばかりのスーツを身に纏って、あるいは何年も時を一緒に過ごしたお気に入りの服を着て、一夜、憩いの場としていただけたら幸いです。

 

 

INFORMATION

コリドーでは、12月25日(金)まで、バラの専門店「AFRIKA ROSE(アフリカ ローズ)」とのコラボポップアップを開催中。アフリカ ローズのシンボルとして人気の一輪挿し付ギフトBOXをはじめ、ホリデーシーズンを美しく彩るバラを、とっておきのギフトに添えてお贈りください。

 

ポール・スチュアート 青山本店
TEL 03-6384-5763
〒107-6601 東京都港区北青山二丁目14-4 ジ アーガイル アオヤマ 1F
営業時間 11:00~20:00
併設するバー「The COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」
営業時間 18:00~24:00