2021.06.11

【Paul Stuart Womens 2021 SUMMER COLLECTION】 ~ボタニカルプリントで爽やかに、鮮やかに~ ドレスライクに着こなす夏のワンピース

 

6月から真夏日が続くなど、気分はすっかり夏本番。照り返す陽射しの中でも、これから迎える梅雨でも、爽やかな着こなしを心がけたい季節です。今シーズンのポール・スチュアート ウィメンは、豊富なファブリック、ドレスと呼びたいほど美しいシルエットのワンピースをラインナップ。一枚でサクッと決まる便利なワンピースをアップグレードするポイントはウエストマークで、レザーのベルトでオフィスに、麻のメッシュベルトでバカンスに、ドレスと共生地のサッシュリボンでランチにと、何通りものアレンジを楽しみましょう。

 

Photo. Yoshimi Seida / Text. Makoto Kajii
Edit. FUTURE INN

 

 

 

■エクスプローラープリントワンピース
草木をモチーフにしたボタニカル調な柄をプリントしたワンピースは、落ち着いた色の配色で、上品で静謐な印象を与えます。肩が隠れるフレンチスリーブで、膨らみすぎずにテロッと落ち感のある素材は、ほんのりレトロでグラニー(懐かしげ)なムードを醸し出します。

 

 

胸部分に入れたギャザーがデザインポイントのワンピースは、美しいドレープが特徴のインポート素材を使用。ウエストにリボン付きで、リボンを巻けばすっきりとしたシルエットに、リボンをほどけばリラックス感のあるドレスワンピースとして2WAYで着こなせます。ご自宅で手洗いできるウォッシャブル仕様で、同素材のブラウスもあります。

 

 

 

■シルクコットンローン ワンピース
涼しげなライムカラーで、清涼感のある素材のワンピースは、胸元のギャザーがデザインポイント。ウエストにリボン付きでアレンジが楽しめます。

■シルクコットンローン ブラウス
トレンドのフラップポケットのブラウスは、程よい分量感で、カジュアル過ぎず上品に着こなせる一枚。ワンピースもブラウスもご自宅で手洗いできるウォッシャブル仕様で、洗いざらしで着ると、どんどんお気に入りになっていきます。

 

 

 

■オーバルシアーエンブロイダリーワンピース
コンパクトな襟がポイントのワンピースは、襟を立てたり、ボタンを開けたり、シャツ感覚で着るのが正解。ガーリーになりがちなコットンレースも太めのレザーベルトでウエストマークすれば腰の位置が高く見えて、スタイル良くメリハリの効いた着こなしが楽しめます。

 

 

ワンピースの生地は、楕円を重ねた柔らかい幾何柄の細かいカットワークレースで、お花柄のようにも見えるエレガントな柄が特徴。ウエストはゴム仕様で、ややブラウジングしたデザインなので、一枚で着てもきれいに決まります。ご自宅で手洗いできるウォッシャブル仕様。

 

 

 

■右/塩縮コットングレンチェックワンピース
前立てが比翼デザインですっきり見える襟付きワンピース。生地はグレンチェック柄のジャカード素材で、バックウエストをギャザーゴム仕様にしてシルエットをとっているので、軽くストンと着用できます。

 

 

 

 

■コンパクトコットンMIXワンピース
綿・ポリエステルの混紡素材で、毛羽立ちが少なく、発色がきれいなワンピース。きれいに首元が詰まったクルーネックで、無駄のないミニマルなデザインはいろいろなシーンで着こなせます。

 

 

涼しげなニットワンピースは、この夏のキーカラーの明るめブラウン。ホワイトジャケットとのコントラストがオフィスでの着こなしに差をつけます。夏らしいロープベルトや同系色のスカーフ、ゆったりと巻いたチェーンベルトなどでウエストにアクセントを。

 

 

 

■チェックプリントワンピース
インポート製品ならではの大胆なチェックプリントワンピース。ボリュームのあるリボンベルトがアクセントになって、よりエレガントな印象に。カラーは落ち着いたトーンなので、ジャケットを上に羽織ったスタイリングにも好相性です。ご自宅で手洗いできるウォッシャブル仕様。

 

ポール・スチュアート 青山本店
TEL 03-6384-5763
東京都港区北青山二丁目14-4 ジ アーガイル アオヤマ 1F
営業時間 11:00~20:00
併設するバー「The COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」
営業時間 14:00~20:00(※ラストオーダーは19:00)
※~6月20日(日)まで酒類の提供を休止致します。