有能なビジネスマンとは、未来のために切り替えられる人―嵜本晋輔(SOU 代表取締役)前編
  1. TOP
  2. style-session
  3. 有能なビジネスマンとは、未来のために切り替えられる人―嵜本晋輔(SOU 代表取締役)前編
style-session

有能なビジネスマンとは、未来のために切り替えられる人―嵜本晋輔(SOU 代表取締役)前編

時代が注目するキーパーソンに、ポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。今回のゲストは嵜本晋輔さん。もとJリーガーという異色の経歴の持ち主だが、引退後、ご家族が手掛けていたリサイクルショップの経営に携わると、商売人としての才能が開花。現在は株式会社SOUの代表取締役となり日本屈指の実業家となった。そんな嵜本さんがポール・スチュアートのスーツを着用。スーツに対するこだわりから、アスリートからビジネスマンへの転換、そして起業してからのお話などじっくり伺いました。

Photo. Tatsuya Yamanaka(Q+A) / Text. Kei Osawa / Edit. Pomalo Inc.


ポール・スチュアートのスーツは意外と親しみやすかった


― 今回はポール・スチュアートのスーツを着用していただきましたが、まずはその感想からお聞かせください。

もともとタイトなシルエットのものが好きで、いつもそういったサイズ感のスーツを着ているせいか、ポール・スチュアートのスーツはちょっとゆったりした感じの印象を受けました。でも今日はプロの方に着せていただいたおかげで、王道的といいますか、ちゃんとしたサイズ感で着ることができてよかったです。

― 普段着用しているスーツは、細みであること以外に何か特徴はありますか?

いつもはオーダーメードのスリーピースを着用しています。色見的にはグレーやブルー、ネイビーが多いですね。今回のようなストライプ入りのものも着ますが、基本的にはシンプルな色やデザインが多いです。この仕事を始めた当初は既製品のスーツを着ていたのですが、兄二人がオーダースーツを着用していて、その影響から私も数年前からオーダースーツに変えました。既製品にはない、ボディラインにフィットしたシルエットが気に入っています。

― ではプライベートでの私服も、細身なシルエットが多いのですか?


pattern_2
最近までは細みのものが多かったのですが、今は少しゆったりとしたものも身につけるようになりました。ファッション自体に興味はなくはないですが、そこまでこだわっているわけでもないです。特定のブランドやスタイルで決めるというよりも、ブランドやショップのバリューに関係なく、そのときに惹かれたものを手に取って着るということが多いですね。

― ちなみに、ポール・スチュアートというブランドは知っていましたか?

もちろん知っていました。イメージ的にはとにかく高級で、僕たちが身につけることがはばかられるような、敷居の高いブランドだと勝手に思い込んでいました。でもこの取材の機会にホームページを拝見したところ、予想以上に手の届きやすい価格だったので驚きました。しかもオーダーメードもあったので、機会があったら試してみたいです。


スーツを着る際に心がけるのはシンプル&好印象


― ビジネススーツを選ぶ際に心がけていることはありますか?

まずは清潔感ですね。ビジネスマンとしては好印象を与えることが第一ですから、清潔感が相手につたわるようにしています。あとは特にないですね。時計以外のアクセサリーは一切つけないでシンプルにまとめるとか、その程度です。あと初対面の人と会うとき、第一印象を判断する際の時間って1秒もからからないらしいのです。だからその瞬間に、いかに信頼感や誠実さを醸し出せるかということも意識しています相手に好印象を与える方が、ビジネスでは良い成果に繋がる可能性も上がると考えています。

― ご自身が思い描く、有能なビジネスマンとはどんなイメージですか?

先を見据える力がすごく長けている人だと思います。いわゆる一発屋ってビジネス業界でもあるのですが、もちろん一発当てるだけでもとても価値はあると思いますが、企業とはいかに成長をさせ続けることができるかということが一番重要な部分だと私は思っています。長年に渡って継続できている企業は変化ができている企業なわけで、それは逆に言えば自分が今まで信じていたものを手放す覚悟ができている企業であり、人です。そうやって未来を見据えて今のうちに切り替えて、既存事業の他に別のこともやっておくべきだと考えられるビジネスマンは素晴らしいと思います。そういう目を養うには、自分より高い能力を持つ方と会話をしたり、異業種で成長している企業やブランドさんからいろいろと学ぶことですね。あと私の場合、目の前で起こることすべてに理由があると思っているのですが、そういう中から大事なものを吸収する感覚を養うことも大事だと思います。

>>中編に続く(3月22日(木)公開予定)


(嵜本 晋輔様着用アイテム)
SUIT ¥99,000(+TAX)
SHIRT ¥21,000(+TAX)
VEST ¥30,000(+TAX)
TIE ¥15,000(+TAX)
TIE BAR ¥7,000(+TAX)
POCKET SQUARE ¥5,000(+TAX)

問い合わせ先/ポール・スチュアート 青山店 Tel.03-3406-8121

PEOPLE PROFILE

嵜本 晋輔 Shinsuke Sakimoto
株式会社SOU 代表取締役社長

1982年、大阪府生まれ。関西第一高校卒業後、Jリーグ「ガンバ大阪」への入団と同時に関西大学に進学。2001年~2003年までガンバ大阪に在籍後、2004年に引退。引退後は父親が経営していたリサイクルショップで経営のノウハウを学び、2007年にはブランド買取専門店『なんぼや』を関西にオープン。その後東京進出を果たし、2011年に株式会社SOUを設立し、同社代表取締役に就任。『なんぼや』のほか、予約もできる買い取り専門店『BRAND CONCIER』、BtoBオークション事業『STAR BUYERS AUCTION』、BtoC事業『BRAND RESALE SHOW ZIPANG』、『ALLU』を展開。

27 件
ページトップへ