節目を迎えて感じるこれからの展望─平山祐介 × 知花くらら(モデル・俳優)特別対談 vol.04
  1. TOP
  2. FOCUS ITEM
  3. 節目を迎えて感じるこれからの展望─平山祐介 × 知花くらら(モデル・俳優)特別対談 vol.04
style-session

節目を迎えて感じるこれからの展望─平山祐介 × 知花くらら(モデル・俳優)特別対談 vol.04

時代が注目するキーパーソンにポール・スチュアートが迫る「STYLE SESSION」。今回は2018年の新春スペシャルとして、ポール・スチュアートが似合う世代のファッションリーダー的存在のお二人、平山祐介さんと知花くららさんによる初の対談が実現。その模様を4回に分けてお届けします。モデルや役者など各方面で活躍するお二人は共に戌年生まれ。2年前にはテレビドラマで共演を果たしているなど、いろいろな共通点をお持ちです。佇まいはもちろんのこと、言葉を大切にしながら自己を表現する者同士、その難しさや楽しさについて語り合っていただきました。本対談では、肩書きの枠を超えて活躍されているお二人が持つ、独自のスタイルを探っていきます。

Photo. Hideyuki Seta / Styling. Masahide Takeuchi / Hair & Make up. Jun Furukawa (Yusuke Hirayama),
Yukie Shigemi (Kurara Chibana / gem) / Text. Yoko Yagi / Edit. Pomalo Inc.


生涯をかけて自分の道を極める人は美しい


― 知花さんが目標にしている人はどなたでしょう?


知花:河野裕子さん、師匠である永田和宏さんの奥様です。女流歌人として現代短歌を開拓した方と言われています。私たちが普段使う言葉を使い、何気ない日常を優しい目で温かく表現した歌が持ち味です。詠む度に感銘を受けますし、母の愛情をたっぷり感じる。残念ながら乳ガンを患いお亡くなりになられましたが、息を引きとる瞬間まで歌を作り続けたそうです。平山さんの空手の先生と同じで、一生かけて続けていけるものがある人は本当に魅力的。キラキラ輝いています。

平山:役者でもそういう人はかっこいいですね。

― 自分の道を極めている人は容姿にも表れているのではないでしょうか。


知花:確かに独自のこだわりを持っている方は服装も個性的。自分のスタイルがあっていいなと思います。

平山:もちろん道着姿の先生は風格があって美しい。道着を脱ぐと……まじまじと見たことはありませんが、ジーンズとTシャツといったラフな服装でも先生の人柄がにじみ出ていて魅力的だと思いますね。



ー お二人はいかがでしょうか。ファッションに対するこだわりは何ですか?


知花:普遍的なファッションにあこがれた時期もありましたが、モデルの仕事をしているとトレンドを気にしないわけにはいかないので、モデルを始めた当初はどっちに自分が傾倒すればいいのかすごく悩んだことも。けれど30代になってからはそういう悩みは消えて、純粋に自由にファッションを楽しみたい気持ちが芽生えてきましたね。トレンドに乗っかっていきたいし、大好きなフランス女優のアヌーク・エーメみたいにトラディショナルなスタイルも貫きたい。両方あってもいい。それが私だと。

pattern_2
平山:アイテムも服装もシンプルが好きです。ゴテゴテした装飾的なデザインやレイヤードスタイルは自分には似合わない。だから今着ているスーツスタイルはまさにベスト。自分らしくいられて落ち着きます。

2018年の抱負とは


― それでは最後に、年男で年女であるお二人の今年の抱負を教えてください。


知花:続けていく。深めていく。それとやはり常に挑戦していきたい。

平山:昨年は公私ともに充実した一年でしたが、今年はこれまで積み重ねてきたものがどう発展していくかが楽しみです。自分も挑戦はずっと続けていきたい。キャンキャン吠えるような犬ではなくて、ドシっと構えて吠えないような……。

知花:秋田犬みたいな(笑)。

平山:そう、そんな存在感を出していけたらいいですね!(笑)



― どんな時もフレキシブルでいてアクティブに前進するお二人は、悩み模索しながらもそれぞれが目標とする先生のように一本筋の通った自分のスタイルを持っています。会話の中で出てきた「服は着る人の心を変える」「純粋に自由にファッションを楽しむ」。ポール・スチュアートはそれらの言葉を信じて、2018年もみなさまに自信と品格を与えるスタイルを提案していきます。


pattern_6
フォーマルなシーンが多い新春におすすめのスタイル。きっと、目上の人からも好印象を与えるはずです。それぞれのアイテムはブラックとブラウンをベースにした品のある配色と、仕立ての良さが引き立つシンプルなシルエットを重視。春先まで活躍するスーツやジャケットもポイントです。


(平山 祐介様着用アイテム)
COAT ¥89,000(+TAX)
SUIT ¥89,000(+TAX)
SHIRT ¥19,000(+TAX)
TIE ¥10,000(+TAX)
BELT ¥15,000(+TAX)

(知花 くらら様着用アイテム)
COAT ¥49,000(+TAX)
JACKET ¥49,000(+TAX)
BLOUSE ¥29,000(+TAX)
SKIRT ¥33,000(+TAX)

問い合わせ先/ポール・スチュアート 青山店 Tel.03-3406-8121

PEOPLE PROFILE

平山祐介 Yusuke Hirayama
モデル・俳優

1970年埼玉県出身。一般企業に就職した後、モデルになることを決意して単身渡仏。1995年にパリ・コレクションデビューを果たす。2001年にフランス映画『SAMOURAIS』に出演し、俳優としてのキャリアも築く。現在は日本を拠点に映画やテレビドラマ、CM、ファッション誌など様々なメディアで活躍中。空手は正道会館 黒帯、居合は弐段。キックボクシングや大型バイク、乗馬、スキューバダイビングもたしなむアクティブ派。読書好きの一面も。

知花くらら Kurara Chibana
モデル・女優

1982年沖縄県出身。2006年ミス・ユニバース世界大会第2位。ファッション誌をはじめ、テレビやラジオ、CMなど多方面で活躍している。2007年から国連世界食糧計画(国連WFP)の活動を始め、2013年には日本大使に就任。2015年にNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で女優デビュー。2013年ごろから始めた短歌は後に『週刊朝日』で連載を持ち、2017年に角川短歌賞佳作を受賞する。現在、歌人・永田和宏氏との共著『あなたと短歌』(朝日新聞出版)が発売中。

28 件
ページトップへ